自分で過払い金の裁判をしてみよう!

裁判をするには、まずどこの裁判所に訴えるかの確認が必要です。事物管轄と土地管轄の2つの管轄を確認しましょう。

過払い金の請求をして、業者と交渉しても金額が上がらない場合、最終的には、
相手の言い分を受け入れて和解するか裁判するかしかありません。
“自分で過払い金の裁判をしてみよう!”の詳細は »

過払金が発生しているかどうかの判断について

過払金は、現在利息が低くても過去利息が高ければ発生している可能性があります。

過払金請求とは、利息制限法により定められた利息よりも高い利息を払い続けた結果『払い過ぎたお金』を返してもらうという手続きです。

“過払金が発生しているかどうかの判断について”の詳細は »

過払金の消滅時効について

過払金の請求はいつまでできるのでしょうか?原則的には取引終了後10年間です。

過去に違法金利での借入れを行っていた方は、過払い(払いすぎたお金)金が発生している可能性があります。しかし、過払金請求はいつまでもできる訳ではありません。過払金の返還請求権は取引終了後(完済後)10年で時効により消滅してしまいます。そのため、たとえ100万円以上の過払金が発生していても、時効により消滅してしまうと、基本的に1円も返ってきません。

逆に、10年以上前に借入れていても、取引が終了(完済)してから10年経過していなければ、過払金の返還請求ができます。

ただ少し複雑な話をしますと、取引の終了時点(完済時)から10年が経過していなかったとしても、取引中に一度完済(残高がゼロになる事です!)して、再び借入をしている方は、一度完済をした時点から10年が経過しているとして、完済時点で発生している過払金については、時効により請求ができない場合があります。貸金業者から時効の主張をされます。
“過払金の消滅時効について”の詳細は »

自己破産と過払い金は両立できるのか

選挙権が失われる、周囲の人間にばれてしまう などということは一切ありません。(官報には掲載されますが ほとんど一般の人の目に留まるようなものではありません)

自己破産とは・・・・・・・・・・・・

自己破産とは裁判所へ申し立てをして借金を帳消しにする手続きです。
“自己破産と過払い金は両立できるのか”の詳細は »

過払い金で和解してみる

安易に和解しない 判決まで頑張って過払全額+遅延損害金まで勝ち取ってほしい。 訴訟費用まで相手から取って初めて100点 です!

和解の条件としては、

相手側は「過払額+利息」は認めると思いますが、

こちらは「過払額+利息+訴訟費用」を求めます。

訴訟費用は、
“過払い金で和解してみる”の詳細は »

過払い金の裁判を起こしてみる

払いすぎた額の返還請求の訴状が受理されたら、裁判所へ言って戦おう!

裁判所が訴状を受理すると、事件番号や担当部
係を決めてくれます。

次に訴状審査が行われ、裁判官と書記官が訴状の不備や間違いを
チェックします。
裁判所から指示があれば、印鑑を持って訂正や補足をしに
出かけることになります。
“過払い金の裁判を起こしてみる”の詳細は »

過払い金を計算してみる

すべての借り入れについて、過払い金が生じていればいいのですが、そうでないケースも中にはあります。

あなたがもし引き直しをしていないけれど
払いすぎた分がある!と思っている場合、
まずはきちんと厳密に計算してみることです。

借り入れたはじめからの履歴を必ず手に入れてください。
またすべての借り入れについて、払いすぎた分が
生じていればいいのですが、
そうでないケースも中にはあります。
“過払い金を計算してみる”の詳細は »

過払い金を取戻そう!

知識さえきちんと持っていれば、必ず過払い金は取り戻せます。

もしあなたがご自身で払いすぎた額を取り戻そうと思いでしたら、法律知識や
払いすぎた額の請求の手続きに対して、知識を得なくてはいけません。

勿論専門家を通してもかまいませんし、あなた自身が裁判訴訟で
徹底的にやるのであれば、1円も負けてやることなく金利を含めた
交渉の余地がない強硬姿勢で臨んでいいのです。
“過払い金を取戻そう!”の詳細は »

過払い金と出資法

出資法と利息制限法の間にある金利をグレーゾーン金利といい、これが過払い金の根拠になっています。

●出資法
この出資法では利息の上限は29.2%と規定されており、これを越えて利息を定め
ていると「5年以上の懲役もしくは1.000万円以下の罰金」という重い刑事罰を受け
なければならないことになります。ということは、利息制限法の上限20%と出資法の
上限29.2%の間の利息(金利)は、民事上は違法だけれども、罪に問われないもの
ということなります。これは「グレーゾーン金利(あいまい・・・灰色とも言える状態
の金利)」と呼ばれています。つまり、払いすぎた額は、このグレーゾーン金利から発生した
ものなのです。もし借入金そのもの(元本)から、これまで払いすぎたこのグレーゾー
ン金利・利息を引いて計算してみて、その借入金元本が既にゼロとなったのに、まだ利
息は払っていたら・・・。これが過払い金なのです。サラ金業者はこのカラクリで莫大
な利益を得ていたのです。
“過払い金と出資法”の詳細は »

過払い金とブラックリスト

過払い金請求で、金融業者は自社会員等については個人情報や利用実績、返済実績についてデータベースを作成しています。

それではブラックリストに載ることで、どんな不利益があなたに
のしかかってくるか?具体的に考えてみましょう。

まず、ひとつはサラ金やクレジット、銀行などから一定期間はお金を
融資してもらうことができなくなります。
ローンやクレジットを組んで、車やマンションなどの高価なものを
購入することもできません。
“過払い金とブラックリスト”の詳細は »

« 過去の記事