自己破産と過払い金は両立できるのか

自己破産とは・・・・・・・・・・・・

自己破産とは裁判所へ申し立てをして借金を帳消しにする手続きです。

人生を再スタートする手続きをいいます。
自己破産というと、どうしても暗く重いイメージがありますが、
自己破産手続きは人生をやり直すための制度であると考えてください。

自己破産することによって財産全てが失われるわけではありません。
また破産したことが周囲の人間にばれてしまうということもありません。
また、皆さんが迷われるほど自己破産は複雑な手続きでもありません。
ここでは自己破産がどういう手続きなのかをわかりやすく説明いたします。

自己破産とは裁判所の手続きを経て債務を帳消し(免責といいます)にする手続きをさします。
一般的に知られているほど申立人にとって不利益ではありません。
例えば、自己破産の手続きはマイナスの財産を帳消しにすると同時に申立人の財産も失われますが、プラスの財産

全てが無くなると言うわけではありません。
以下のモノは除かれます。
●生活必需品(例えばテレビやパソコン)
●時価20万円以下の財産
はそのまま所有することが出来ます。
それから選挙権が失われる、周囲の人間にばれてしまうなどということは一切ありません。(官報には掲載されますがほとんど一般の人の目に留まるようなものではありません)

(メリット)
借金が帳消しになる・・・・・・・・・・・新しい一歩を踏み出すための債務整理の中でも最後の手続きです。

プラスの財産すべての財産が処分されるわけではありません。
高額の財産のみ(ほとんどは不動産等)が処分対象です。

(デメリット)
破産者名簿に記載される。
・・・・手続きが終われば抹消されます。
住民票や戸籍に表示されるわけではありません。
ブラックリストに載る
・・・・・民間の信用情報機関に事故情報として登録されます。
・・・・・・職業に影響が出る
保険外交員や警備員などの職業には就けなくなります。
制限は一生ではなく、手続きが終われば制限はなくなります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む