過払金の消滅時効について

過去に違法金利での借入れを行っていた方は、過払い(払いすぎたお金)金が発生している可能性があります。しかし、過払金請求はいつまでもできる訳ではありません。過払金の返還請求権は取引終了後(完済後)10年で時効により消滅してしまいます。そのため、たとえ100万円以上の過払金が発生していても、時効により消滅してしまうと、基本的に1円も返ってきません。

逆に、10年以上前に借入れていても、取引が終了(完済)してから10年経過していなければ、過払金の返還請求ができます。

ただ少し複雑な話をしますと、取引の終了時点(完済時)から10年が経過していなかったとしても、取引中に一度完済(残高がゼロになる事です!)して、再び借入をしている方は、一度完済をした時点から10年が経過しているとして、完済時点で発生している過払金については、時効により請求ができない場合があります。貸金業者から時効の主張をされます。

完済前の取引と完済後の取引を一連の取引であるということができれば、全額請求も可能です。取引が一連の取引といえるかどうかは、最高裁判所の判例でも基準が完全には定まっておらず、しばしば過払金返還請求訴訟でも争点となります。再度借入をするときに契約書を作成しておらず、従来使用していたキャッシング用のカードで再借入れをしたようなケースであれば、裁判でも一連の取引と認められる可能性が高くなると言えます。このような理論構成は、やはり専門家でないと難しいと思われますので、専門家への相談をお勧めします。(裁判で負けてしまうと、その金額で確定してしまいます。)

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む