過払金が発生しているかどうかの判断について

過払金請求とは、利息制限法により定められた利息よりも高い利息を払い続けた結果『払い過ぎたお金』を返してもらうという手続きです。

任意整理等の手続を進めていくと、過払金が発生していることが分かることが多いです。
『過払金』が出るか出ないかは債務整理等の手続きを進めていくと確実に判明しますが、 以下の場合は『過払金』が発生している可能性がより高くなります。

消費者金融からの借金の時、利息は高くなかったですか?
18%以上の利息になっている場合は過払金が発生する可能性が高いです。
高金利貸金業者である街金融や闇金融、商工ローン等が高い利息でお金を貸していたことは一般に知られていますが、CM等で宣伝されている登録貸金業者(消費者金融や信販会社)も昔は、利息制限法に違反して貸し出しを行っているのが一般的でした。法改正以後も、改正前の借金の契約が引き続き有効となっている場合もありますので、過去に借金をした経験のある方は現在、過払い金が発生している可能性があります。
真面目に消費者金融から請求された金額を返済していた場合、債務整理手続をすることで、 かなりの確率で借金の大幅な減額や過払い金を取り戻すことが可能です。

«
»
 

トラックバックURL