タグ: 自身

過払い金の裁判を起こしてみる

払いすぎた額の返還請求の訴状が受理されたら、裁判所へ言って戦おう!

裁判所が訴状を受理すると、事件番号や担当部
係を決めてくれます。

次に訴状審査が行われ、裁判官と書記官が訴状の不備や間違いを
チェックします。
裁判所から指示があれば、印鑑を持って訂正や補足をしに
出かけることになります。
“過払い金の裁判を起こしてみる”の詳細は »