タグ: 設定

過払い金と出資法

出資法と利息制限法の間にある金利をグレーゾーン金利といい、これが過払い金の根拠になっています。

●出資法
この出資法では利息の上限は29.2%と規定されており、これを越えて利息を定め
ていると「5年以上の懲役もしくは1.000万円以下の罰金」という重い刑事罰を受け
なければならないことになります。ということは、利息制限法の上限20%と出資法の
上限29.2%の間の利息(金利)は、民事上は違法だけれども、罪に問われないもの
ということなります。これは「グレーゾーン金利(あいまい・・・灰色とも言える状態
の金利)」と呼ばれています。つまり、払いすぎた額は、このグレーゾーン金利から発生した
ものなのです。もし借入金そのもの(元本)から、これまで払いすぎたこのグレーゾー
ン金利・利息を引いて計算してみて、その借入金元本が既にゼロとなったのに、まだ利
息は払っていたら・・・。これが過払い金なのです。サラ金業者はこのカラクリで莫大
な利益を得ていたのです。
“過払い金と出資法”の詳細は »