タグ: 1円

過払金の消滅時効について

過払金の請求はいつまでできるのでしょうか?原則的には取引終了後10年間です。

過去に違法金利での借入れを行っていた方は、過払い(払いすぎたお金)金が発生している可能性があります。しかし、過払金請求はいつまでもできる訳ではありません。過払金の返還請求権は取引終了後(完済後)10年で時効により消滅してしまいます。そのため、たとえ100万円以上の過払金が発生していても、時効により消滅してしまうと、基本的に1円も返ってきません。

逆に、10年以上前に借入れていても、取引が終了(完済)してから10年経過していなければ、過払金の返還請求ができます。

ただ少し複雑な話をしますと、取引の終了時点(完済時)から10年が経過していなかったとしても、取引中に一度完済(残高がゼロになる事です!)して、再び借入をしている方は、一度完済をした時点から10年が経過しているとして、完済時点で発生している過払金については、時効により請求ができない場合があります。貸金業者から時効の主張をされます。
“過払金の消滅時効について”の詳細は »